2015年9月17日木曜日

〇大槌町の吉里吉里保育園で3回目の植樹活動を行いました。

 914()に、大槌町の吉里吉里保育園で植樹活動を行いました。
 植樹活動を行ったのは、「カフェ&バー プロント」を運営するプロントコーポレーションの店舗責任者の皆さんです。この活動は、77日、13日にも若手社員や加盟店社員の方々と一緒に行いました。

 3回目の植樹活動で植えたのは、オオヤマザクラ18本、ツツジ450本です。
オオヤマザクラの苗木は2m近い大きさなので、穴を掘るのも、支柱を打ち込むのも大変な作業でしたが、釜石地方森林組合の丁寧な指導とNPO法人吉里吉里国の協力のおかげで、無事に植え終えることができました。

サクラを植えた後は、道路に近い斜面を中心にツツジの苗木を植えました。サクラに比べると、小さな穴で済むのですが、斜面を覆う草を除けながらの作業で、植える本数もたくさんだったので、作業を終える頃にはみんな汗まみれになっていました。
 今月下旬には、この植樹活動を記念した式典を開催し、園児らと一緒に記念植樹をすることにしています。

 この活動は、東北の被災地域の緑化再生支援を行う事業として、プロントコーポレーションが寄付した「緑の募金」の助成を受けて実施しました。
 プロントコーポレーションでは、「緑の募金」に寄付するだけではなく、社員らで緑化活動にも協力したいということで、釜石地方森林組合やNPO法人吉里吉里国の協力を得て、吉里吉里保育園の環境緑化事業が実施されました。

 この事業で植樹した木々が元気に成長し、春には花を、秋には紅葉を楽しめる素敵な森になることを楽しみにしています。