2016年10月28日金曜日

〇「公園の森たんけん2016」を開催しました

 1022日(土)に盛岡城跡公園(岩手公園)で「公園の森たんけん2016」を開催しました。
    この行事は、いわて森林インストラクター会の協力で平成18年に始まり、今年で11年目を迎える秋の恒例行事です。

 今年も昨年同様に公園管理者であるNPO法人緑の相談室とツリークライミングクラブやまねっこ、岩手県森林組合連合会にもご協力いただき、「公園は都市生活者にとっての身近な森」と考えて、森の恵みを使って遊ぶ様々な「森あそび」を準備して、開催しました。


朝は冷え込みましたが、日中は良く晴れ、子供たちが元気いっぱい色んなあそびを体験していってくれました。
紅葉を見に来た大人たちには、森林インストラクターがオリジナルの資料を渡しながら、樹々の特徴や観察ポイントをわかりやすく説明して歩き、大変好評でした。

 当日の様子は、1023日付の岩手日報にも写真付きで掲載されました。
 また、ツリークライミングの様子は、やまねっこのフェイスブックに載っているので、是非そちらもご覧ください。

 来年は1028日(土)に開催する予定です。お友達を誘って岩手公園に遊びに来てくださいね!

今年も「落葉プール」は大人気!緑の募金PRキャラクターの「どんぐり君」も参加した「ボール探しゲーム」はとっても楽しく盛り上がりました♪

緑の相談室お手製の「わなげあそび」の輪っかは「つる」でできています。単純だけど奥が深い!
つるの手触りを楽しみながら、高得点を目指す挑戦者が絶えない人気コーナーでした♪

未体験者は是非1回やってみてほしい、人気のツリークライミング!
大きな木の太い枝に触れる感動と、降りてきてからのご褒美的アトラクションは、ハマること間違いなしです!!


←丸太を自分で切って、工作の土台に!
ノコギリは切れ味抜群で、初めての丸太きりでもグングン切れちゃいます♪
 ↑ 枝や木の実をくっつけて、個性あふれる芸術作品が次々と生まれました!

岩手県産の木でできた「積み木」のコーナーでは、ジェンガやドミノをして「積まない積み木あそび」でも盛り上がっていましたが、やはり「積み木」は積んでなんぼ!子供の背よりも高いのに、絶妙にバランスを保つ姿は芸術的!

森林インストラクターに教わりながら、どんぐり工作♪
他にも木の実で釣りをしたり、紅葉した葉っぱでたたき染めをしたり、園内を歩いてクロスワードパズルに挑戦したり!森あそびを満喫しました♪