2018年5月15日火曜日

〇ふるさとの巨樹・名木観察会が開催されました。


花巻・北上地区【平成30512日】

講師:樹木医 高村尚武 氏

参加者数38

  当日は曇り空の天気でしたが、参加者は迫力のある巨樹・名木と講師先生の話に大変興味を持ち観察していた様子でした。10種ほどの樹種をみてまわりましたが、その中で人気があったのは、北上の大イチョウ(樹齢600年)、八坂神社の三本杉(樹齢450500年)、小鳥崎の大カヤ(樹齢550年)です。「どの巨樹・名木もそれぞれ印象深く、それぞれの木の歴史を感じました」「身近なさもない樹木がこんなすばらしい名木だったことに驚きと感激しました」などの感想をいただきました。


 今回の観察会は100名近くの申し込みがあり、残念ながら抽選漏れとなった方にはご迷惑をおかけしております。来春も開催が決まりましたら日報等でご案内しますので、興味のある方はご確認ください。



北上の大イチョウ(樹齢600年)

八坂神社の三本杉(樹齢450~500年)

小鳥崎の大カヤ(樹齢550年)

諏訪神社のサワラ(樹齢300年)