2018年5月15日火曜日

〇ふるさとの巨樹・名木観察会が開催されました。


花巻・北上地区【平成30512日】

講師:樹木医 高村尚武 氏

参加者数38

  当日は曇り空の天気でしたが、参加者は迫力のある巨樹・名木と講師先生の話に大変興味を持ち観察していた様子でした。10種ほどの樹種をみてまわりましたが、その中で人気があったのは、北上の大イチョウ(樹齢600年)、八坂神社の三本杉(樹齢450500年)、小鳥崎の大カヤ(樹齢550年)です。「どの巨樹・名木もそれぞれ印象深く、それぞれの木の歴史を感じました」「身近なさもない樹木がこんなすばらしい名木だったことに驚きと感激しました」などの感想をいただきました。


 今回の観察会は100名近くの申し込みがあり、残念ながら抽選漏れとなった方にはご迷惑をおかけしております。来春も開催が決まりましたら日報等でご案内しますので、興味のある方はご確認ください。



北上の大イチョウ(樹齢600年)

八坂神社の三本杉(樹齢450~500年)

小鳥崎の大カヤ(樹齢550年)

諏訪神社のサワラ(樹齢300年)

 

2018年3月29日木曜日

〇緑の募金の庁内募金が行われました。


3月26日()、県庁にて盛岡市立河南中学校の生徒による庁内募金が行われました。3月20日から5月31日までの春季の緑の募金期間にあわせ、公益社団法人岩手県緑化推進委員会盛岡支部の主催により、生徒たちが募金を呼び掛けて回りました。

 出発式では、生徒による緑化活動への決意がのべられ、公益社団法人岩手県緑化推進委員会千田常務からは、学校での緑化活動がより一層活発になるよう河南中学校へ緑化図書の目録の贈呈が行われました。
 今後、緑の募金期間中には県内各市町村において様々な募金活動が展開される予定です。各市町村で集まった募金は、県内の緑化活動や被災地の緑化再生等に役立てられます。


2017年12月27日水曜日

〇平成30年用国土緑化運動・育樹運動ポスター原画岩手県コンクール


緑化意識の普及を図るため、県内の小中学生及び高校生を対象にポスター原画を募集したところ、小学校15194作品、中学校24109作品、高校413作品、合計316作品の応募がありました。

  岩手県コンクールの審査結果は次のとおりです。


   入選 小学校の部  6作品(最優秀賞1作品、優秀賞5作品)

      中学校の部  4作品(最優秀賞1作品、優秀賞3作品)

      高等学校の部 3作品(最優秀賞1作品、優秀賞2作品、)

   佳作 小学校の部  10作品

      中学校の部  7作品

      高等学校の部 4作品

以下は、平成30年用国土緑化運動・育樹運動ポスター原画岩手県コンクールの入選作品です。入賞作品は上記全国コンクールに推薦されたほか、来年2月の本委員会通常総会において表彰が行われます。また、盛岡駅構内において入賞作品の展示も行う予定なので機会があればぜひご覧ください。

なお、岩手県コンクールの入賞作品13作品を、国土緑化推進機構主催の全国コンクールに推薦したところ、3作品が入選しました。

<小学校の部>




北上市立江釣子小学校6
藤田 若葉


優秀賞 ※全国コンクール入選

北上市立飯豊小学校3

剱吉 美空


優秀賞 ※全国コンクール入選

北上市立江釣子小学校5

菊池 梨花


優秀賞 

盛岡市立城北小学校1

阿部 莉京


優秀賞 

北上市立江釣子小学校6

髙橋 明希子


優秀賞 

西和賀町立湯田小学校6

髙橋 美晴
 

<中学校の部>


最優秀賞 

大船渡市立第一中学校3

新沼 由唯


優秀賞 

盛岡市立仙北中学校2

千田 彩梨


優秀賞 

滝沢市立滝沢中学校2

上山 夕乃


優秀賞 

北上市立江釣子中学校1

内舘 梨紗
 
<高等学校の部>


最優秀賞 

岩手県立一戸高等学校1年 

中屋敷 七海


優秀賞 

岩手県立久慈高等学校2年 

大上 彩芽


優秀賞 

岩手県立一戸高等学校1年 

柴田 彩希


2017年6月16日金曜日

平成29年度遠野市緑化祭「里山フェスタ2017」が開催されました

 610日(土)、平成29年度遠野市緑化祭「里山フェスタ2017」が開催されました。
 この行事は、岩手県緑化推進委員会が地域の緑化活動を支援するために毎年公募している「緑の募金活用事業」の採択を受けており、県内で集められた緑の募金の助成を受けて実施されました。

 朝から小雨が降っていましたが、開会式が始まる頃には止み、全員が植樹し終えるまでなんとかもちこたえました。解散時に強い雨が降ってきて、参加者はちょっと大変でしたが、苗木たちは、植えられてすぐの雨で水分をしっかりと得ることができ、とても喜んでいたのではないか思います。

 この日は、市内の小学生(森林愛護少年団)260名を含めた計384名の市民が参加して、カラマツの苗木を植えました。植樹した場所(市有林)には元々アカマツが育っていましたが、岩手県内では松くい虫によってアカマツが枯れる被害が拡大していることから、これ以上被害が拡大しないよう樹種転換するためにアカマツを伐採したところでした。ちょうど遠野街道からも見える場所なので、参加者は街道を通るたびに自分が植樹した斜面を見ることができます。未来の元気な森林の姿を想像しながら、思いをこめて、みんなで一生懸命植えました。しっかりと根付き、すくすく育ってほしいですね。



森林愛護少年団による緑の誓い。森林が果たす役割について勉強したことで、森林を大切にしていこうという想いをより強くしたようです。緑の誓いを聞いて、私たち大人たちも想いを新たにしました。

開会式では、今年新たに設立した4つの森林愛護少年団の結団式が行われ、少年団の帽子とスカーフが贈られました。既に活動している5つの少年団とともに、森林について学びながら元気に活動していきます!



最後に全員で記念撮影!植樹したばかりの今はまだ、ただの斜面に見えますが、やがてここは豊かな森林になります♪

2017年4月7日金曜日

〇平成29年度ふるさとの巨樹名木観察会が開催されます

緑化事業の普及啓発と貴重な樹木の紹介を行うため「ふるさとの巨樹・名木観察会」を開催します。
 皆さんの身近にある見事な巨樹・名木を講師先生の解説とともに楽しむ、毎年好評の観察会です。参加は無料ですが、定員を超えた場合は抽選となりますので、あらかじめご了承ください。

 平成29年度ふるさとの巨樹・名木観察会
  1. 開催日時:平成29513日(土)9001600
  2. 集合場所:朝850分までに岩手県民会館中津川側集合
  3. 観察場所:盛岡地区(盛岡市、矢巾町、紫波町)の巨樹・名木8ヶ所程度を大型バスで移動
  4. 定   員:40名(定員を超えた場合は抽選)
  5. 参 加 料:無料(昼食は各自持参)
  6. 講   師:樹木医  高村 尚武 氏
7.申込方法:4月20日(木)(必着)までに、必ず 往復ハガキに 参加者全員の住所(〒)、氏名、年齢、職業、電話番号を記載し、
020-0021 盛岡市中央通3丁目15-17
(公社)岩手県緑化推進委員会 までお申込みください。
        (往復ハガキ1枚での申込みは、家族の場合は4人まで、友人の場合は2人まで(応募者含む)とします。)

 〇お問い合わせ電話019-625-0310

ガイドブックには載らない魅力的な大木を見に行きませんか

2017年3月24日金曜日

今年も「もりおか環境緑花まつり」に参加します!

 4月21日(金)~23日(日)にかけて「第46回もりおか環境緑花まつり」が盛岡城跡公園(岩手公園)で開催されます!
 この3日間、高校生と一緒に緑の募金活動を行なうほか、「どんぐり君」が登場して緑の募金活動期間をPRしたり、オリジナルきのこストラップがもらえるワンコイン募金コーナーや、木を使った遊び・体験コーナーを設ける予定です。

 場所は盛岡城跡公園の多目的広場にある「岩手県森林組合連合会(県森連)」のテントです。 県産材の積み木遊びや、木工工作、丸太切り体験など、子どもから大人まで、木と楽しくふれあう遊びを準備して、県森連のお兄さんたちと一緒に待っています♪

 桜でいっぱいの公園で春を満喫しながら、緑の募金にもご協力頂けたら嬉しいです。
 ぜひ公園に遊びに来てください!


今年も高校生が募金活動を行います。(↑昨年の様子)
21日(金)12時~13時です。ご協力お願いします!

カンバツ君(左)もどんぐり君(右)も子供たちに大人気!
本物に会いに是非来てください♪


庁内募金を実施しました!

 3月24日(金)に盛岡市立河南中学校の生徒さんが岩手県庁、合同庁舎、盛岡市役所本庁舎、都南分庁舎、上下水道局等で募金活動を行いました。
 庁内募金活動は、緑の募金への協力を広く呼びかけるため、毎年春の募金活動期間が始まった頃に行っています。
 県庁内の募金活動には、緑の募金のPRキャラクター「どんぐり君」や県のマスコット「カンバツ君」も参加して募金への協力を呼びかけました。

 今年は51名の中学生が午前と午後に分けて、元気に募金活動に取り組んでくれました。
 募金にご協力下さった皆様、ありがとうございました!

これから募金活動に出発します!
(左からどんぐり君、河南中学校の皆さん、カンバツ君)


「緑の募金にご協力いただき、ありがとうございます!」と
中学生と一緒にお礼を言うどんぐり君の右手が左下に・・・